-与那原通(よなばるつう)-

学生から社会人まで、受験のことならおまかせ!(2014年4月24日)

2015年5月10日(日)

国道329号沿いにある横濱学院(よこはまがくいん)。 東大卒である塾長の成竹義隆さんが、沖縄県内の某大手予備校の講師や学習塾の職員を経験した後、2008年2月、ここ与那原にオープンさせた学習塾です。

 

建物正面の横濱学院の看板

設立から約6年以上経ち、新たな講師の方々も加わって新規のクラスもスタートしたので、最新の紹介をしてほしいとの依頼を受け、再びお話を伺いに行ってきました。

 

場所はゆめなり橋からすぐ近く。国道329号に面してはいますが、ビルの2・3階なので、車で通るときには気がつきにくいかもしれません。入口や駐車場内にある看板(写真左)が目印です。

 

さて、まずは横濱学院をはじめて知る方に向けて、学院の特徴について紹介しておきましょう。

今回答えてくださったのは、昨年、講師の一員となられた大里先生。昨年の春に大学を卒業したばかりで、年齢が近いこともあって、生徒さんたちからとても慕われている先生です。

 

以下、大里先生のお言葉。

 

横濱学院の特徴は、やはり「個別指導のよいところと一斉指導のよいところをうまく組み合わせている点」じゃないでしょうか。

大勢で受ける授業スタイルが合わなかった塾長の学生時代の塾経験を生かし、ピンポイントの個別指導に少人数の集団授業と模擬試験をバランスよく組み合わせています。多数の生徒と一緒に勉強するのが苦手な子には静かでよい環境だと思います。

それから、この個別指導と一斉指導をうまく組むことによって、できる限り希望の予算内での授業料になるようにもがんばってます。

 

この春から、英語、数学、国語(古文・漢文含む)、社会、理科、科学・生物、それぞれ専門の講師が揃い、今まで以上にレベルの高い授業が可能となったので、期待してください!

 

ちょうど受験生が卒業したばかりの時期ですが、それでも100名を超える生徒さんが在籍していて、その中心は、やはり中学生と高校生。毎年、入試合格者の実績を重ねてきて、だんだんレベルの高い志望校を目指す生徒さんが増えてきたそうです。昨年の秋に行われた与那原中の2年生の定期テストで席次1番の2名は、どちらも横濱学院に通っている生徒さんだったとか! これは、今後が楽しみですね。

 

教室の様子

▲一斉授業で使用する「うんたま教室」(写真左)、個別指導専用の広い「綱武士教室」(右上)、カラフルな絵がいっぱいのアトリエでは絵画教室が開かれている(右下)

 

 

中学高校受験以外のコースで人気なのがキッズ英会話看護受験コースだそうです。

そのひとつキッズ英会話では、カナダでのワーキングホリデーを終えて帰国したばかりの木村先生(カナダEmbassy English小学校英語指導者資格所有)がオールイングリッシュのレッスンを行っています。

 

英語となると身構えてしまう人が多いですが、オールイングリッシュのレッスンに慣れると、英語に対して自然に体が動き、質問にも英語で答えられるようになってきます。そして、実際の外国人との会話でも堂々と話せる子どもになるそうです。小さい頃の環境で英語への苦手意識がなくなるならいいですね。(わたしも子供の頃に受けておきたかった〜。)

■キッズ英会話

小学校1年~6年生

水曜日4:40~5:30

 

英語の授業と担当講師

▲カナダから戻って来たばかりの木村先生(左上)、木村先生が担当しているキッズ英会話の教室(右上)、取材時に行われていた大人向けの英語の授業の様子(下)

 

 

そして、ここ数年、問い合わせが増えたのが看護受験コース

沖縄では、安定した職として看護師に興味を持っている方が多く、一度、社会に出た方が看護師を目指すケースが多いそうです。ただし、看護師になるためには、まずは看護学校の受験に受からねばなりません。ここで、学校を卒業してから時間が経っている方は躊躇するわけです。

また、そこを乗り越えて、受験勉強をはじめることにした場合でも、時間とお金に余裕がないと勉強を続けることはなかなか難しい。そういう方々からの要望を受けて、わずか数名からスタートしたのがこの看護受験コースだとか。 自分に必要な授業だけを選択して受けられるのが好評のようです。

 

この春からは主婦の方や夜に仕事をしている方に向けて、お昼の授業も設定したので、自分の生活環境に合わせて、昼の授業か夜の授業か、どちらか選べるようになりました。

 

ちなみに、塾長の成竹さんによれば「看護受験に関しては、本人の意欲次第です。それがすべてですね。社会人かどうかは関係ないです」とのこと。看護師への道に進もうかどうか悩んでいる方は一度、問い合わせしてみてはどうでしょう? 今年、専用のサイトもオープンしたそうなので、詳しくはそちらも参考に。

■横学看護コース http://kango.yokohama-gakuin.com/

 

 

2階受付

▲階段登って2階の正面にある受付(左)と、その前のスペース(右)。室内のいろんなところで飾られているのは美術講師でもある画家の姫野氏の絵

 

 

昨年、2013年に公表された全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)で、残念ながら沖縄県は小学校の部でも中学校の部でも47都道府県中、最下位でした。

 

駐車場の看板

個人的には「学力は決してすべてでない」という考えですが、それでも、中学校が6年連続の最下位というのを聞くと、さすがに少々危機感を覚えてしまうというのが正直なところ。

 

教育業界に身を置く立場として、同じように沖縄の「学力の現状」を憂えている成竹さんは、数年前から一般社団法人 横濱学園グループとして、学校設立という目標を掲げ、少しずつ準備を進めています。

 

沖縄の「学力の現状」を打破するためにも、講師の方々のご尽力に加え、将来的に計画しているという学校設立を通して、与那原から沖縄の子供たちのさらなる学力アップを期待しています!

 

写真・文 fuu

 

横濱学院外観
沖縄県島尻郡与那原町与那原1009