-与那原通(よなばるつう)-

ゆんたくしながら、気軽に手づくり(2010年11月9日)

2014年2月1日(土)

「わぁ~懐かしい…」。
お店を訪れたのは初めてですが、店内に所狭しと並んだ毛糸やボタン、ビーズ類を見た瞬間、手芸にハマっていた子どもの頃の記憶がよみがえりました。

 

マスコット人形作りや刺繍、編み物など、友達と競うように作っていた中学時代。友達の方がかわいいものを作ったときは悔しかったなぁ~^^

 

そんな“熱中時代”を思い出させてくれたのが、ここなかよし手芸店

 

洋裁店から始まった1958年の創業以来、50年以上手作りの楽しさを伝えてきた老舗です。現在は、87歳の大ベテラン、与那嶺節子さんと嫁の山入端富子さんが二人で店を切り盛りしています。

 

「材料を購入すれば、無料で作り方を教えますよ」と山入端さん。山入端さんは、指導者として町外でも数多くの講習会を開くほどの腕前。毛糸、ビーズ、バッグ、レース…と、ジャンル問わず、もちろん初心者でも、そして左利きの人にも丁寧に教えてくれます。

 

しかも、指導時間内なら自分の好きな時間に何度でも習いに行けるのです! こんなふうに気軽に手芸を習える場は滅多にないらしく(たしかに!)、遠くからわざわざバスを乗り継いで通っているお客さんもいるそうです。(※指導時間は、お店のブログで要確認)

 

▲与那嶺さん(右から2人目)と山入端さん(右から3人目)に教わりながら、和気あいあい。ゆんたく(おしゃべり)にも花が咲きます

 

たとえば編み物。
好きな毛糸を選んで、マフラーや帽子、ベスト、ショール、ポンチョだって編めちゃいます。

▲写真中央)小花モチーフのマフラー(材料)2205円、帽子(材料)1170円

 

こんなバッグにもチャレンジできる!
(材料3000円~)

写真右のグリーンのバッグは編み方が簡単な初心者向けです。

 

店内写真からもわかるように、材料の種類はとにかく豊富。50年の歴史あればこその品揃えはサスガです。

 

その中から好きな材料を選んで、さまざまなお手本を見て、お気に入りのものが作れます。

 

 

そして、もっとも~っとお手軽なのが、その名も軍手手芸

▲福うさぎ(セット材料)ケース込み1680円。干支の人形は縁起物。贈り物としても人気です

軍手に綿をつめて縫い、フエルトなどのパーツを組み合わせて誰でもあっというまに人形が作れてしまいます。

 

なかよし手芸店では、毎年、軍手手芸で干支の人形作りが体験できます。十二支の中でもうさぎは比較的作りやすいそうです。

 

ちなみに難しかったのは「へび」だったとか。作りがいがありそうな巳年も楽しみ~^^

 

☆与那原ツウな特典!☆
与那原通を見てご来店された方に、とっておきのサービスをご用意しています!
ご来店時に「与那原通を見ました」とお知らせください。

 

 

 

写真・文/tito_two

 

  • なかよし手芸店
  • 住所:沖縄県島尻郡与那原町字与那原570
  • TEL:098-945-2147
  • 営業時間・定休日:9時~20時(日曜定休)
  • 駐車場:3台
  • URL:http://nakayoshishugeiten.ti-da.net/
沖縄県島尻郡与那原町与那原570