-与那原通(よなばるつう)-

08. 知念グスク(ちねんぐすく)

08chinengusuku2

 

知念グスクは、南城市知念にあるお城跡で時代の違う新城(ミーグスク)と古城(クーグスク)の二つの郭が存在するのが大きな特徴となっています。

 

古城は琉球最初の王統天孫氏(てんそんし)の時代に、新城は第二尚氏王統三代目の尚真王(しょうしんおう)の時代に築かれたといわれているようですが、まだまだはっきりとしていない部分もあるようです。

 

表門・裏門共に沖縄のグスクでよく見られるアーチ型の門になっていて、表門から中へはいると、石積の城壁に囲まれた空間が広がっています。

 

08chinengusuku3

 

8番目の東御廻りの聖地友利御之嶽(とむいぬたき)は奥の方にありますので、見落とすことがないように探してみてくださいね。

 

 

与那原通スタッフからのひとこと

知念グスク知念グスクは斎場御嶽とは一転して、ほとんど人影がありません。ここは、もしかしたら、グスク好きな人の方が訪れることが多いのかもしれません。他の拝所のような神秘的でやや重い雰囲気はあまりなく、個人的にはどちらかというと爽やかな空気を感じます。

 

次の拝所である知念大川(ちねんうっかー)へ徒歩で向かう場合は、そのまま裏門を出て、石畳の坂を下って行ってください。

 

09. 知念大川(ちねんうっかー)へ>>