-与那原通(よなばるつう)-

06. テダ御川(てだうっかー)

tedaukka_3

テダ御川は、その名の通り、太陽神が降臨したとされる場所です。(沖縄の方言で太陽のことをテダ、てぃーだ、と言います。)

 

国道331号の「海鮮わちばる太郎」の看板が目印。そこから海へ海へと向かって進みます。

数年前までは、墓地の中の雑草が生い茂った小道を通り、灯台のある山をひと山越えていかなければ辿り着けなかった所ですが、今では海沿いの遊歩道がきちんと整備されています。

 

入口に広い駐車場もつくられているので、車はそこに停めて、歩いて行きましょう。

晴れた日に、美しい海や青い空、遠くに見える中城の丘から津堅(つけん)島や久高島などをゆっくりと眺めながら歩くのはとても気持ちがよく、心癒されるひとときとなります。

 

 

テダ御川

 

海沿いの道を真っすぐ進んでいくと、最終的に行き止まりになり、そこが目的地テダ御川です。前に石碑があるので、すぐにわかります。

 

テダ御川

 

この場所には、昔は水が湧き出る泉があったらしく、国王や聞得大君久高島を参拝する際には、ここで水を補給し、航路安全を祈ったとのこと。

 

ただ、残念ながら、今では湧き水は枯れてしまっているため、石碑以外には何があるというわけでもありません。他の神秘的で重厚な御嶽とは全く違う開放的な雰囲気を楽しんでください。

 

 

与那原通スタッフからのひとこと

琉球石灰岩テダ御川へと続く道を歩いていると、左側に大きな白っぽい岩がゴロゴロしているのを目にすると思います。
これらは、海中の珊瑚や貝殻などが堆積してできた琉球石灰岩といわれる石です。

 

沖縄では古くから城壁・石垣などで使われてきたので、沖縄県民には特に目新しさはないのですが、最近では、県内の公園はもちろんのこと、沖縄らしさを演出するために、ちょっと高級なレストランやホテルなど多くの場所で使われるようになりました。

 

県外から来られた方は、よかったら道のすぐそばにある琉球石灰岩にも注目してみてください。但し、持ち帰りは罰があたるかもしれないのでやめましょう。

 

 

 

地元民が教えるディープなお店

 

◎公文式 知念知名教室

公文式知念知名教室

▲指導者の前城和代さん。教え子が学校の先生になるなど、公文式の指導者としては大ベテラン。

テダ御川近く、国道331号線沿いにある公文式知念知名教室は、海に近いということもあり、数ある公文の教室の中でも最高に眺めのよい教室ではないでしょうか。

 

社会人になってから勉強する機会が多くなった私はいつも思います。小さい頃もっと勉強していたらなあって。

公文式の教室は、自学自習することで、学ぶ喜びや自分から学ぶ習慣がつき、小さな頃から勉強の楽しさを知ることができます。

実際に教材など見せてもらいましたが、英語などはタッチペンで教科書をなぞると英語の音声が流れて、アクセントなども確認できたり、とても楽しそうなものでした。

 

ここに来る生徒たちは、0歳児から高齢者の方まで様々。

3歳くらいの子どもが英語を勉強していたり、夜などは看護学校に入るために仕事をしながら勉強に来ている社会人の方や、高齢者の方が生涯学習に来られたりしているそうです。

ちょっと自習したいけど集中できない!そんな時に利用してみるのもいいかもしれませんね!

 

公文知念知名教室
  • 公文式 知念知名教室
  • 住所:南城市知念字知名650
  • TEL:098-947-6848
  • 営業時間:月・木の14時~20時(※好きな時間に通えます)
  • 定休日:上記以外
  • URL:www.kumon.ne.jp

 

 

 

07. 斎場御嶽(せーふぁーうたき)へ>>