-与那原通(よなばるつう)-

楽しい出会いがきっとある!

2010年12月2日(木)

よく図書館を利用しているので、なにかと足を運んでいる与那原町コミュニティーセンター。
先日までは、全4回のボールペン字講座に通ったりもしていました。

 

ボールペン字講座

 

講師は、元知念高校書道講師の玉城先生。一字一字丁寧に書き方のコツを教えてくれました。平仮名からスタートしましたが、思うように書けず…。正しく美しく文字を書くというのは本当に難しい! 毎回2時間、無心で練習。個別指導もあり、ちょっと学生に戻った気分でした。赤ペンの二重丸は、大人になっても嬉しいものですね~^^

 

こうした単発の講座は不定期開催なので、案内チラシはよくチェックしています。なかなか有意義なものが多く、特に印象に残っているのが何年か前に参加した「東御廻(アガリウマーイ)と与那原」。マイクロバスで巡礼の地をまわる歴史講座で、楽しみながら学ぶことができました。

 

さらに何年か前には英会話講座に通ったこともあり、与那原通スタッフmorieさんとの最初の出会いもこの講座。といっても、当時は知らない人同士のまま講座終了。ずいぶん後になってから、同じ講座に通っていたことが発覚したのです。出会う前に実は出会っていたという、なんだか不思議な縁を感じました。

 

コミュティーセンターは、まさに町民の交流の場。サークル活動や講習会、発表会などさまざまな目的で利用されています。

 

ときどき「料理教室」の案内も目にするので「どこでやってるんだろう?」と思っていたら、調理室は3階にありました。

 

調理実習&大正琴サークル

▲この日はJAおきなわ与那原支店女性部の調理実習が行われていました。う~んいいにおい! (写真右)与那原町大正琴集いの会の練習風景。コミュニティーセンターには音楽、ダンス、体操、外国語などなど約40ものサークルが登録されています。そういえば、ボールペン字講座のときは、別の部屋から軽やかなオカリナの音色が聞こえてました。

 

サークル入会希望者は各サークルへ直接申し込みます(※最新の登録サークル一覧は、2階事務所でもらえます)。また、コミュニティーセンターでサークル活動を行いたい場合は、登録が必要。会員数10名以上(内過半数が与那原町在住者)、月会費3000円以内という条件を満たしていれば登録できます。いずれも詳細についてはコミュニティーセンターまでお問い合わせを。

 

2階のギャラリーでは、毎年6月に行われる「慰霊の日企画展」のほか、写真展や書道展などを随時開催。普段は「自習スペース」として開放されていて、子どもから大人まで自由に利用することができます。

 

外観&ギャラリー

▲1階が町立図書館。(写真右)2階のギャラリー兼自習スペース。和室や広い集会室もあります。ちなみにコミュニティーセンターが開館したのは平成9年だそうで、これはちょっと意外。もっと前からある施設だと思ってた…

 

与那原の本を読もう!

 

さらに2階には、実は以前から気になっていた「町史編集室」があります。和室の入り口手前に案内表示はあるものの、その先へ行ってみたことがないので、今回勇気を出して(?)のぞいてみました。

 

町史編集室

 

ここではその名のとおり、与那原町の主に歴史に関する書籍などを編集・管理しています。本の販売もしているので、もちろん訪問は自由。ちょっとお堅いイメージでしたが、「いつでも気軽にいらしてください」と、編集室のみなさんも気さくな方ばかりでした。

 

与那原の本現在、販売している本は7種類。
・ 「与那原町史 序説・むかし与那原」2000円
・ 「よなばるの民話」1000円
・ 「与那原の学童集団疎開 第1部―体験集 ムギメシ ヒトツ ココ フタツ」1500円
・ 「与那原の学童集団疎開 第2部―資料集 沖縄の疎開資料目録」2000円
・ 「沖縄歌劇の巨星・伊良波尹吉物語 奥山の牡丹」1890円
・ 「与那原大綱曳」町内1000円、町外1500円
・ 「与那原町史 資料編1 移民」1500円

 

中でも編集室のおすすめは、「沖縄歌劇の巨星・伊良波尹吉物語 奥山の牡丹」。与那原町出身の名役者、伊良波尹吉の生涯を描いた漫画です。物語をとおして、100年以上も前の与那原の様子を垣間見ることもできます。この本を図書館で借りて読んで感動し、編集室に買いに来た人もいるそうです。

 

ちなみに私は、この夏与那原通の記事を書く際に借りていた資料「与那原大綱曳」が売っていたのでビックリ。これ欲しかったんですよね~。大綱曳で使う道具が細かく図解されてたりして、ちょっとマニアックな感じがなかなか面白いのです。

 

これらの与那原関連本は、もちろん書店では手に入らないものばかり。
すべて図書館で借りられますが、自分の手元においておきたい本があったら町史編集室を訪ねてみてください(※在庫には限りがあるので、購入の際はお問い合わせを)。

 

与那原のことをもっと知りたい、何か楽しいことを見つけたい。
そんなときは、ぜひコミュニティーセンターへ!

 

コミュニティーセンター裏&駐車場

▲休日の散歩コースのひとつ。この橋をわたって図書館へ行ってます (写真右)国道沿いだし駐車場も広いので、車でも行きやすい!

kuro_orion2

 

与那原町コミュニティーセンター/町史編集室
住所:沖縄県島尻郡与那原町字与那原712
TEL:098-835-8220
開館時間:9時~22時(自習スペースは~21時)
休館日:祝日、慰霊の日(6/23)、年末年始(12/29~1/3)

 

与那原町立図書館(コミュティーセンター1階)
TEL:098-946-6959
開館時間:10時~19時(土曜・日曜は~17時)
休館日:月曜、祝日、慰霊の日(6/23)、年末年始(12/29~1/3)、資料整理日、特別整理日

 

沖縄県島尻郡与那原町与那原712