-与那原通(よなばるつう)-

そうだ! 公園に行こう! ―お気に入りの公園見っけ―

2012年4月14日(土)

某月某日、この日はよく晴れて気持ちの良いお天気。与那原ビギナーの私が、お気に入りの公園を探すべく、与那原公園めぐりに出かけました。公園は身近なワンダーランド、広い空間が開放的だし、自由に散策できるし、何時間いてもOKな素敵空間。さて、My公園は見つかるでしょうか?

 

◎シーサーが守る謎の公園「与原公園」

 

まず最初に向かったのがここ「与原公園」。与原公民館の奥にある広めの公園です。

 

与原公園

 

4匹のシーサー入り口を入ってすぐ、ドドーンと4匹のシーサーが迎えてくれました。

でも普通シーサーって1匹か2匹なのになぜ4匹? 口を開けているのと閉じているのと4匹ずつ、四方をにらんでいまず。

ロールプレーイングゲームなら絶対この中心に宝物が隠してありますよね。シーサーが何を守っているのか気になりつつも散策開始!

 

 

 

まちかど子ども図書館このシーサーたちの右手には図書棚が設置されていました。

 

表のガラス戸が開かなかったので壊れているのかとおもいきや、裏に回ると立派に機能しておりました。

一応「まちかど子ども図書館」ということで、子供向けということですが、文学全集などかなり充実したラインナップです。

 

 

 

 

公園を奥に進んでいくと、左手にちょっとした広場があって、そこはどうやらゲートボールによく使われているようです。そして、その広場の裏手に素敵な場所を発見!

 

ガジュマルの小道

 

ガジュマルの気根がすだれのように垂れ下がっている小道です。こんなに美しいものは見たことがありません。

通常ガジュマルは大木なので、気根といっても手の届く範囲にはなかなか無いんじゃないでしょうか。こちらのは手の届く範囲にあって、そよ風にゆらゆらと揺れて、いかにも涼しげな風情が素敵でした。

 

さて、その先へ進んでいくと今度はグラウンドがありました。

 

グラウンドと断り書き

 

野球場のようですが断り書きがあって、残念ながら広さの都合で大人の野球には使えないようです。グラウンドの横の道はまだ奥に続いています。

結構奥行きがある公園なんだなと道を辿っていくと、そこに石造りの階段を発見しました。

 

石造りの階段

 

なんだか草が適度に茂っていて良い雰囲気。これはどこに通じているのでしょうか? ちょっとワクワクしながら、さっそく上ってみることに。

一段目をあがり、二段目をあがったところ…なんと、行き止まりでした!

 

この先行き止まり?

 

小道があるような気もするのですが、ここからは重装備でないと行けないほど茂ってるし、さっき見かけたハブ注意の看板も気になる。ということで探検は止めておきました。それにしてもいきなり行き止まりとは。この石段は何のためにあるのでしょう? 謎です…。

 

 

色々と謎が多くてワンダーランドな与原公園ですが、グラウンドの周りの道はぐるっと回れるようになっているので、軽いジョギングやウォーキングに最適です。 駐車場があって、子供向けの遊具もあるので家族連れにもオススメの公園です。

 

◯「与原公園」については以下の記事の中でもちらっと紹介しています。

http://yonabaru-too.com/walk/6636.html

 

 

◎子ども連れならはずせない「東浜きょうりゅう公園」「東浜シーサー公園」

 

さて、次に向かったのが東浜のきょうりゅう公園。

ここは有名すぎるくらい有名な公園ですが、やはり近くで見なければと行ってみました。遊具がメインの児童向け公園なので広さはあまりありませんが、いつも大勢の人で賑わっています。

 

東浜きょうりゅう公園

 

公園内の恐竜(写真右上)はティラノザウルスです。近くでみるとかなり大きいです。アタックしがいがあります。お子さんが多かったので、実際にアタックするのは遠慮しましたが、大人でも上るとちょっと高くてビビるかも。ところが子どもたちは全然平気で、歓声をあげて遊んでいました。チャイルドパワーって、ホントすごいです。

 

シーサー公園シーサー公園のほうは、ティラノザウルスよりはやや低めの遊具です。なので小さいお子さんもたくさん遊んでいました。太陽に向かったシーサー君の顔がほのぼのしていて良いですねえ。

 

 

どちらの公園もいつも子供たちの笑顔であふれています。子供と一緒に遊ぶのにオススメの公園です。

 

シーサー公園の遊具

 

 

 

◎展望台のある穴場の公園「上の森公園」

 

上の森公園この日最後にいったのは上の森公園。こちらは(与那原町民にはおなじみの)与那原町役場近くの、丘の斜面にある公園です。

 

まずその高さを生かして作られているのが展望台。ここからは与那原の町と海を見ることができます。

 

展望台の下には長い壁が作られていて、いろいろなシーサー面がはめ込まれていました。

 

公園内の長い壁とシーサー面

 

円形劇場のようになっているところにはロープでできたジャングルジムも設置されています。

 

円形劇場のようなスペースとジャングルジム

 

体操の道具?展望台の横に一見オブジェか彫刻作品かと思えるものを発見!

 

よく見るとどうやら体操の道具のようで、自分でトレーニングすることができるようです。なんだかオシャレです。

 

 

 

 

 

 

公園の真ん中あたりにある掲揚台。ここでなんともかわいらしいお尻を発見してしまいました。

 

掲揚台の上の赤ちゃん二人

 

可愛い赤ちゃんが二人います。なんか意味があるのでしょうが、詳しくはわかりませんでした。まあ見ていてほのぼのするので良いかな。

 

上の森公園には、ゲートボール場やテニスコートがあって多くの人が利用しているようです。テニスコートの隣にも、多目的広場のようなけっこう広い広場があります。ちょうどシロツメクサがいっぱい咲いていて、子供の草花あそびにも楽しそうな広場でした。

 

テニスコートとシロツメクサが生い茂る広場

 

こちらの公園はベンチも適当にあって、木陰も多く素敵な公園です。体を使う児童向けの遊具もたくさんあります。だけど、ゲートボール場やテニスコート場以外で人影をあまり見かけませんでした。実はこちらの公園は、残念なことに駐車場が無いのです。だから人が少ないのかも…。ただし駐車場を整備する計画はあるようです。今のところはみなさん自転車などを利用しているようです。

 

静かで風が吹き渡り、お弁当をもってピクニックなどにはぴったりだと思います。まだ行ったことのない方は、自転車やバスを使って是非一度行ってみてくださいね。

 

 

今回与那原の4つの公園を回りましたが、このほかにも与那古浜公園当添公園、さまざまな児童公園などがあります。大人になるとちょっと足が遠のく公園ですが、忙しい毎日のなかでホッと一息つけるのも公園です。

よかったら、与那原でもあなたのお気に入りのMy公園を見つけてくださいね。

 

写真・文 フクダメグミ

 


より大きな地図で 与那原の公園 を表示