-与那原通(よなばるつう)-

東浜の岩盤浴でポカポカ+アンチエイジング?

2010年12月2日(木)

東浜でずっと気になっていたお店がありました。それが今回ご紹介する『岩盤浴 Marine Town』。
国道329号から東浜のメインストリート(県道77号線)に抜ける道沿いに建つ“白とクリーム色の横長の建物”といえば、ピンとくる方も多いはず。

 

『岩盤浴  Marine Town』外観

▲東浜の中でなかなか目立つクリーム色の外観

 

岩盤浴とは、温めた天然石や岩石の上にバスタオルなどを敷いて横たわり汗をかくというもの。浴床に使われる鉱石から放出される遠赤外線やマイナスイオン、そして発汗効果が健康や美容に効果的だといわれています。

 

実は、一日中パソコンの前で仕事しているわたしは、この1年、ほぼ定期的にいろんな岩盤浴に通っています。というのも、職業病ともいえる首や肩のコリの解消に結構効果的なんですよ。この岩盤浴。そんな岩盤浴マニア(の卵?)のわたしとしては、当然、東浜の岩盤浴も体験してみなくては! ってことで、行ってきました。

 

店内の様子

▲店内受付カウンター(左)と休憩スペース(右)

 

 

オーナーの大山朝章さんまずは、オーナーの大山朝章さん(写真左)にお話を伺いました。
よなばるんちゅの大山さんは一度与那原を離れたそうですが、脱サラをして、与那原の東浜で『岩盤浴 Marine Town』をオープンさせました。やはり、生まれ育った与那原は、新しい事業をする上で魅力的だったそう。

「今まで離れていたから、これから少しずつ地元のために何かやっていけたら…」とおっしゃっていました。

 

お店をオープンして4年目となった現在、一時期の岩盤浴ブームも落ち着き、岩盤浴の本当のよさを実感したお客様が定期的に通ってくださっているそうです。ちなみに、客層はやはり女性の方が圧倒的に多いとのこと。

 

 

 

ホットベンチさて、話の後は、岩盤浴を体験することにします。シャワーを浴び、専用のウェアに着替えた後、いよいよ岩盤浴室へ。

 

まずは、入ってすぐの場所にあるホットベンチ(写真右)に座ります。このホットベンチ、わたしは初めて利用したんですが、横たわるスタイルでは温めにくい臀部と足の裏を温められるという仕組み。なるほどね。これ、すご~く気持ちよかった♪

 

 

岩盤浴床の様子次は、普通に横たわるスタイルの浴床スペースへ。女性用は10床ありましたが、浴床に使ってある石の種類が「玉川温泉溶岩」「ラジウム強化型」「ゲルマニウム強化型」「磁力線強化型」「遠赤外線強化型」「マイナスイオン強化型」など、それぞれ違っていました。こんなスタイルは初めて。面白い~。

 

最初は「玉川温泉溶岩」の浴床へ。玉川温泉といえば、「癌に効く温泉」という噂で超有名な秋田県の温泉。秋田から離れた沖縄で玉川温泉(もどき?)を味わえるなんて、ありがたいじゃないですか。

 

その後は休憩をとりつつ、「磁力線強化型」や「マイナスイオン強化型」の浴床へ。 
「磁力線強化型」はパソコン等のOA機器により蓄積された電磁波を取り除いてくれるらしい。まさにわたし向け! 
「マイナスイオン強化型」は活性酸素を取り除き、細胞が若返るらしい。今はやりのアンチエイジング? これもはずせない!

 

女性用スペースの様子

▲女性用岩盤浴室の休憩スペース

 

そうこうしているうちに、予定時間となりました。この頃には身体が芯まで温まってポカポカ。たっぷり汗もかきました。おかげで、身体がずいぶん軽くなった感じ。(^^

 

料金は2時間までの利用で、大人1000円(午前中900円)・学生800円。施設はきれいだし、駐車場も広いし、2時間ゆっくり利用できてこの金額なら、他と比べてもかなりいい感じ。また、ぜひ行くつもりです。

 

皆さんも、美容と健康のために東浜での岩盤浴、いかがでしょうか?

 

写真・文 fuu

岩盤浴 Marine Town
  • 岩盤浴 Marine Town
  • 住所:沖縄県与那原町東浜82-14
  • TEL:098-946-7180
  • 営業時間・定休日:10時~23時(第2・第4水曜定休)
  • URL:http://marinetown1.ti-da.net/