-与那原通(よなばるつう)-

与那原パワー全開@産業まつり

2010年10月22日(金)

10月22日(金)〜24日(日)まで開催されている、「沖縄の産業まつり」に行ってきました。今年で34回目を迎えるんですね。もちろん、我らが与那原町も出店しています。

 

出店場所は、「第3会場」。ゆいレール壺川駅から橋を渡ると、目の前に本部席があるので、右手へと進むと、芝生会場が見えてきます。

 

与那原町のブースを探していると、「○○さ〜ん」という聞き覚えのある、元気な声。

いたいたいた〜。

 

産業まつり01

 

与那原町商工会経営指導員の本永学さんです。

理事の金城光子さんと一緒に、

与那原大綱曵の綱を漆喰に混ぜて作ったシーサーを販売していました。

「与那原通」のアピールもしてくれています。

うれしいですね。ありがとうございます。

 

ケイビン焼その反対側では、チィトぬ家 いちゃりばさんの「ケイビン焼き」も、

元気よくアピール中。

 

 

ひじきまんじゅうも販売予定でしたが、

ちょっとしたアクシデントで、

まだ届いていませんでした。残念!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに、真ん中のテント「ありんくりん市」では、与那原・西原町漁協協同組合さんが出店。

与那原特産品のひじきの乾物を販売しています。

 

ひじき販売

 

栄養バランスばっちりの大豆入りひじきの佃煮とひじきのふりかけがセットになった加工品もありました。試食もできますよ。

 

そして大にぎわいだったのは、みつくら製麺所さんのブース。

 

みつくら製麺所

 

与那原そばはもちろん、与那原麺を使った石垣辣油の焼きそば(500円)も登場。かつおぶしと桜えび、そして石垣辣油がトッピングされており、焼きそばに混ぜて辛さを調整しながら食べられるので、辛いのが苦手な人でも安心して食べられますよ。

 

仕事の合間だったので滞在時間は1時間半ほど。後ろ髪引かれる思いで引き上げてきました。じっくり楽しむためには3〜4時間ほどの時間が必要そう。 足場が悪いので、雨が降ったときは、汚れてもいい靴を履いておでかけください。(czwrite:記)

 

壺川駅(沖縄)