-与那原通(よなばるつう)-

見るより漕ぐよりひっくり返るべし!?

2011年6月13日(月)

梅雨明け直後の日曜日。当添ハーリー、見てきました。
今年は梅雨入りも明けも早くて、あっというまに夏本番! ギランギランの陽射しにここんとこややバテ気味だったのですが、当添漁港へ行ったらハーリーパワー全開! なんだか元気をもらった気分です。

 

お昼過ぎ、公民館(当添むらや~)から子ども達の道ジュネー出発~。

(写真左上)ハッピを着てエーク(櫂)を持ち、勇敢にハーリーの舞! (写真右上・左下)路上で2回踊りを披露。先頭を行く手作りのミニ・ハーリー船もかわいい~ (写真右下)漁港に到着。炎天下にもかかわらず元気いっぱい。踊りが終わるたびに「ありがとうございましたー!」と丁寧にご挨拶していました。

 

出店も大賑わいでお祭りムード満点!

(写真右)トビイカの一夜干しもまわってた~

 

競技が始まる前に模範バーリーが漁港内を一周。

これは海の安全を祈願する御願バーリーです。ハーリー鉦の音が響きわたります。

 

そしていよいよ第1レース。

 

小学校対抗から競技が始まりました!

各レース、3チームで競漕します。防波堤までいって戻ってきたら、途中に立っている青、赤、白の旗をそれぞれUターン。ここで1周してからのゴールなんですが、旗のUターンは難しそう~。

 

小学校や中学校のPTA対抗、女子対抗、職域対抗とレースが続き、途中、プログラムを確認してから用事を済ませ、戻ってきたら…がーーん! 「毎年珍プレーを見せてくれる」という与那原町議会チームの競漕が終わってた~~(ToT) 去年は「議会も船も迷走しております!」と実況されたようなのでちょっと楽しみだったのにぃ…今年はどうだったのでしょうか。。。

 

気をとりなおして再度プログラムを確認すると、ちょうど与那原大綱曳(東)アガリ、与那原大綱曳(西)イリ、与那原町役場チームのレースが始まるところでした。与那原大綱曳チームのレースにまにあったってとこが、個人的にはやっぱり縁を感じてしまう…。

綱曳き同様、力強いデッドヒートの末、与那原大綱曳(東)アガリが勝利! 来月31日の予告となるでしょうか。そういえば、小学校対抗の第1レースでは与那原東小学校が1着だったなぁ~。今年は“東”が強い!?

 

さて、次のレースには与那原町商工会青年部チームが登場。与那原通スタッフ、come-sanの姿も見えました。勢いよく飛び出していったぞ~~と思いきや、

あら? あらあら? 写真奥の船、なんか沈んでる…

 

てんぷく~! でも、みんな楽しそ~&気持ちよさそ~^^ いい笑顔ですね。

 

すぐに救命艇がかけつけ、何名かはジェットスキーにひっぱられていきました。ご安心を。

 

その後の県営団地、チームメゾン朝日、アンクルズのレースでも、チームメゾン朝日がてんぷく!
「あ~~~朝日が沈んでしまった~~~!」by名物MC。

 

そしてついに最終レースに突入。なんと、ここでもてんぷく劇が繰り広げられたのでした。

(写真左上)着ぐるみ選手を筆頭に張り切る当添区青年会チーム。(写真右上)漕げ漕げ~~!突っ走る若者達!(写真左下)ん…?ちょっとヤバいかも… (写真右下)やっぱりひっくり返っちゃいました~^^; 着ぐるみの人、大丈夫かぁ~? ちなみに、このレースの1着は沖縄磯倶楽部、2着は東部消防がんばれ日本。当添区青年会チームはなんと3年連続の転覆だそうです。

 

こうして大きな拍手と笑いに包まれ、幕を閉じた当添ハーリー。暑くて熱っつくて、まぶしい~日曜日の午後でした。
きっと見てるよりも、参加して、ひっくり返るのが一番面白いんではないかと思います。1チーム一般は8人、子どもは10人で誰でもエントリーできるので、来年、どうですか? わたしは見学で十分楽しめましたので遠慮しておきます^^

 

kuro_orion2