-与那原通(よなばるつう)-

与那原都市伝説 与那原テックの秘密が今、明かされる!

2010年12月13日(月)

与那原町の西側斜面に広がる、雨乞森(与那原江口)。現在、マリンタウンゴルフがあるこの場所には、かつて町のランドマークともいえる観覧車が立ち、ジェットコースターが走っていた(らしい)。 いろいろな噂が飛び交い、もはや都市伝説化している与那原テック。その真相は、未だ多く語られず謎に包まれている。 ここは「ディープな与那原情報をウリにしている与那原通の出番!」とばかりに情報収集を開始。真相に迫った。

 

与那原テック

▲与那原テック遠景(写真提供:与那原町企画総務課)

 

といっても、どこから情報を入手したらいいのか分からないので(^^;)、会う人に手当たり次第、問いかけてみることに。

 

するといち早く反応してくれたのが与那原町商工会。「永山モータース代表の永山盛幸さん(80歳)が設立に関わったらしい」という強力な情報を入手し、早速取材をお願いしたところ、「過去のことだけどいいの? でも、与那原ことを多くの人に知ってもらうことはいいこと。協力しますよ」と快く引き受けてくださった。

 

永山さん

▲語学も堪能な永山盛幸さん(永山モータース)

永山さんの話によると、与那原テックがオープンしたのは1966年。運営していたのは、株式会社 沖縄テクニランドで、オープンに先駆けて設立されたという。 初代代表者は当時沖縄ホンダ(株)の社長だった徳野睦夫氏(故人)。そのほか東陽バスの経営陣に加え、永山さんも監査役として設立から数年間、運営に関わったという。

 

 

 

「当時、沖縄には子どもたちの娯楽施設がなかったので、モータースポーツに関わっている者として、子どもたち向けの自動車遊園地が作れないかという話が持ち上がりました。1963年のことです。ただ遊ぶだけでなく、機械の知識や交通道徳を身につけさせたいという思いもありました」。

 

 

雨乞森

▲建設中の雨乞森(写真提供:永山盛幸さん)

 

当初は人の多く集まる那覇や、米兵家族が見込める中部などが建設予定地として候補があがっていたという。与那原に決まった理由として、広い土地が確保しやすかったこと、南部と中北部を結ぶ「町」であり、永山さんの地元だったことも大きく影響している。

 

 

こうして1966年8月7日、「科学が生んだオトギの国 総合自動車遊園地」のキャッチフレーズの下、「与那原テック」はオープン。開園初日に事故を起こしてしまうという苦悩のスタートではあったが、沖縄県初の遊園地とあって、那覇はもちろん中北部からも行楽客が集まり、学校の遠足などで賑わっていたという。

 

全景

▲いつ頃撮影されたかは不明。まだ観覧車がないので、オープン当初もしくは建設中か?(写真提供:与那原町企画総務課)

 

実は開園当初、観覧車はなく、4万坪の敷地にはスポーツカー、ゴーカート、アニマルカー、ティーカップ、機関車などが走り回っていたという。

 

当時の新聞によると入園料は、大人20セント、子ども10セント。そう当時はドル時代だったのだ!

 

当時の与那原テックがどんなものだったのか、30代後半以降の元少年・少女たちに尋ねてみると、誰もが口を揃えるのが、「ほかの乗り物よりもスリル満点だったのがリフトだった」という。

その理由は、「足は宙ぶらりん、風が吹くとゆらゆらと揺れて落ちそうだった」から。

 

リフト

▲想像以上の急勾配で見るからに怖そう?なリフト(写真左提供:与那原町企画総務課)

 

 

与那原停留所前にある美容室「Natuur(ナチュール)」オーナーの上原美奈子さんも、与那原テックによく遊びに行った一人。 「与那原テックにはプールもあって、水泳教室に通っていました。子ども用の浅いプールと1mを超える深いプールがあって、深いプールで泳ぐことはちょっとした自慢だったんですよ」と懐かしそうに振り返る。

 

全景

▲観覧車が右手に見える。左手奥に見えるのがプール?(写真提供:与那原町企画総務課)

 

そのプールは、ゴーカートのコースの真ん中にあったと記憶しているのが、マリンプラザあがり浜の金城譲さん。

「閉園(1986年)の1年ほど前に行ったので、人影もまばら、従業員も少なく、おじさんがひとりであれもこれも乗り物を動かしていた」という。さらに「記憶があいまいだけど、軟式野球の球を空気砲で打つゲームがあったような気がします。でもこの話をしても誰ものってきてくれないんですよ。これを読んで反応してくれる人がいたらうれしいんですけどね」と期待を込める。

 

また、ある友人に「与那原テックの思い出話募集中」と投げかけてみると、「与那原テックという響きだけで周りのみんなが大興奮! 話題を提供してもらいありがとう」というお礼(?)のメールが届いた。

 

ジェットコースター

▲みんなの顔が引きつっている!?(写真提供:与那原町企画総務課)

どうやら女子会で聞いてくれたらしく、「今にも壊れそうで、ある意味非常に怖いジェットコースターだった」「ポパイキャラクターの乗り物にコインを入れたが作動せずショックだった」「ウォータースライダーがあったけど、アメンボがいっぱいだった」などなど与那原テックの思い出話に花が咲いたそうな。

 

 

 

遠景2

今回の取材では、「怖い」「さびれていた」など厳しい意見も聞かれたけど、その言葉の裏には、どこか優しさを感じられるほど。思い出を語るみんなは誇らしげ。

 

憧れや思い出は、あやふやのままにしておいた方が、いつまでも憧れのままでいられるのかも、と思った今回の取材。

 

乗り物

もしこの記事を読んで、私も与那原テックの思い出を語りたい、俺も写真を持っているという人が表れたら、第二弾を掲載しようかと思っています。皆さん、ご連絡ください。

 

 

 

 

 

 

 line

 

2014年3月26日追記

 

恐るべし与那原テック。

この特集記事は3年前にアップしたにもかかわらず、コメントが多数寄せられています。

それほどみなさんの記憶に残っていて、懐かしく特別な思い出の場所なのでしょう。

そんな中、下にコメントをして下さった「坂田の金太郎さん」こと枝川 謙悟さんのご厚意で、与那原テックの動画をYoutubeにアップして下さいました!

与那原テックの動画を見るのは初めてであるし、カラーな映像で見る与那原テックに、スタッフ一同大興奮!ぜひご覧下さい!

 

 

動画リンク先⇒http://www.youtube.com/watch?v=VPYKcAOqzvk 

 

 


  1. 与那原通 より:

    与那原テックを語りませんか!?
    与那原テックにまつわる思い出、ご感想、お待ちしております!

  2. ちゃーる より:

    わー!なつかしい写真です!
    話題提供ありがとうございます!

    ず~っと気になっていました。

    私は中部の出身で頻繁に行っていたたわけではなく、小学校低学年のときに行ったきりだったので記憶も曖昧なのですが、リフトがやけに怖かったのは、よ~く覚えてます^^

    特に母が(今思えば)スローなジェットコースターに騒いでいたのが印象的でした。
    大人は違う怖さを感じていたのかもしれませんね(笑)

  3. czwrite より:

    ちゃーるさん、早速の反応?ありがとうございます!
    やはりリフトは皆さんの心に焼き付いているんですね。
    「スローなジェットコースター」は、ツボにはまりました(苦笑)。
    確かに親としては、「違う怖さ」を感じていたんでしょうね。
    閉園になってしまったのは、時代とは言え地元民としてはとても残念です。

  4. sausunu より:

    与那原テックはこどもの頃何度も行った記憶があります。
    リフトで上った場所にはお化け屋敷があったけど、憶えてる人いますか?

  5. よんなー より:

    懐かしい写真ですね!
    私は70年代に行った記憶があります
    やっぱりリフトが怖かったぁ~
    下に網?があって子供のクツやサンダルが落ちていた記憶が・・・
    それで更に怖さが倍増した(笑
    リフト登った先に何があったのかは覚えてないです・・・
    すいません

  6. 与那原通 より:

    やっぱり、リフトはかなりインパクトがあったのですね。
    わたしも、一度、試してみたかったわ〜。
    謎の?お化け屋敷の情報も気になってます! 
    どなたか知っている方がいたら、教えてください。^^

  7. gucchi- より:

    与那原テック懐かしいですね~!私は1968生まれの中部出身です。家族や、幼稚園のサヨナラ遠足で与那原テックに行きました。皆さんが言っているようにリフトは一人では乗れず父親に抱っこされて乗った記憶が…。空気砲も覚えています。凄い力で引っ張らないとセットできないので父親にセットしてもらい、標的となる網に包まれ吊るされたバスケットボールみたいなものを狙ってドスンッ!幼い記憶では本物の大砲でも撃ったかのような衝撃がありました。駐車場もガタゴト道で水溜りがあったり、コインを入れても作動しない乗り物など、整備不十分でも十分楽しめた記憶があります。またコメントします。

  8. 東風平んちゅ より:

    小学生のことだったか、ラジオでCMを聞いて(MCは確か柳卓さん?)
    東風平から兄弟で自転車で向かった思い出があります。
    でもすでに閉園した後・・・。

    以来どんなところだったのか気になっていました。
    当時の写真がみれてよかった!

  9. よなばらー より:

    テックの近くのローラースケート場(フットサルのコートぐらい)
    があったよ。 知ってるひといるかなー 

  10. 与那原通 より:

    衝撃が感じられたという空気砲の話ははじめて聞きました。
    ほんとに、いろんなものがあったんですね。
    ローラースケート場は「テックの近く」と書いてあるので
    与那原テックではなかったんでしょうか?
    それと、兄弟で東風平から自転車に乗って〜
    という話は微笑ましいです。^^

  11. czwrite より:

    やはり空気砲はあったんですね。
    お化け屋敷もあったそうです。
    永山さん曰く、「こんにゃくを頬にあてると怖がった」とか。
    ローラースケート場もあったんですね。
    これは初耳。どなたか知っている人はいませんか〜。

  12. tsuhako より:

    現在、東京に単身赴任中の与那原んちゅです。

    高校生の時に与那原テックでアルバイトをしていたこともあって、記事を懐かしく見ておりました。(ジェットコースターのレール上を歩いて、レールに油を塗るという作業もありました。)

    テックにはいろんな思い出があります。

    リフトから降りられずにもう一周しそうになったおばあちゃんとか。(うちのおばあちゃんではありません)

    幼児用の動物の乗り物に乗ったら、壁にぶつかって目の上を切って血を流し、それを見た家族に大笑いされたとか。^^;)

    空気砲は「バズーカ」という名前だったと思います。バッティングセンターみたいになっていて標的にあたると玉を1ゲーム分くれたと思います。

    それからローラースケート場はテックに向かう坂を登りきったところにあって、江口保育園か幼稚園(今もあるのかな?)の場所だったと思います。
    当時は小学生でいっぱいでした。

    今回の永山さんのお話でなぜ「テク二ランド」という名前だったのか判りました。ありがとうございました。

  13. 与那原グァー より:

    いま思えば危険な遊園地でした。オープン当初(小学3年生)に遊覧列車に乗ろうとしたら、この列車は満員ですから次の列車に乗ってくださいと言われ・・その満員列車は事故を・・確か死傷者が・・。それから暫くし、高校生の頃バツーカのバイトをしました。発射されたボールを拾い集めベルトコンベアに乗せるバイトでした。確か、頭を低くしないとボールに当たる?でした。もう一つのバイトは、リフト最上部で乗り降りの介助の仕事でした。降りるのは介助がしやすいのですが、乗る時が大変でした。ちゃんと介助しないとどんくさい人は(失礼)、足が引っ掛かってリフトは前進するし・・足が離れたら大きくぶら~ん状態でした。昨今の時世からすればあり得ない、つまりこんな危険な仕事を高校生に・・と思います。でもこんな与那原テックが最高の思い出となっています。因みに私は生粋の与那原人です。

  14. maru より:

    懐かしい写真ですね、感激です。
    リフトは怖いながら楽しかった記憶があるな~
    お化け屋敷は当時本物が出るとのうわさがありました(都市伝説?)
    プールは意外と後にできたように思いますが、滑り台が高く長く子供には、
    とても勇気がいりました、つわものはスーパーマンみたいに空を飛ぶポーズ
    で滑ってましたよ、そういえば蛙もいたな~(笑)・・バズーカでは
    弾(軟式ボール)が標的付近で弾が流れずに戻ってこない場合があるので、詰らない
    ように、詰まったボールを取り除くバイトみたいな手伝いをした思い出がある
    (当時小学生)報酬は乗り物券、いやぁ~楽しかった思い出です。
    まだいろいろありますのでまた書きます~

  15. 与那原通 より:

    特集記事から半年たってもまだまだコメントが多いのに、驚きます。
    うちなんちゅのみなさんにとって、「与那原と言えば与那原テック」と言われることが多いように、やはり思い出深い場所だったのでしょうね。

    tsuhakoさん
    ローラースケートはテックとは別の場所にあったんですね。
    こちらこそ、貴重な情報ありがとうございます。
    中でも「血ーごーごーして家族に笑い飛ばされてる」お話しはちょっと不謹慎ながらうけてしまいました。これぞ古き良き時代…?

    与那原グァーさん
    テックでバイトをしていた、というtsuhakoさんに続いて二人目!!
    それもお二人ともかなり危険をおかしてのアルバイト…。
    もしやお二人ともお知り合い???

    maruさん
    お、出てきた出てきた都市伝説!そして蛙も泳ぐプール!
    そういうお話し待ってました!!(笑)
    そして、またまた「テックでアルバイト」していた人がここにも~!
    またテック情報ありましたらよろしくお願いします。
    こりゃあ特集の第二弾もありかな!?

  16. 元・よなばるんちゅ より:

     twitter経由で来ました。与那原テック懐かしいですねー。僕は70年代初頭の生まれで、5歳から大学生の頃まで与那原で暮らしました(現在は県外にいます)。小学校の頃には半分閉鎖状態になっていて、一部の乗り物(ゴーカートやジェットコースターなど)は営業していましたが、幽霊屋敷などは廃墟状態でした。中に入って探検した覚えがあります。学校の遠足だかかなにだかでも来たような気がしますが、なにぶん昔のことなので記憶が曖昧です。放課後に友達と遊びにいって、「子どもだけで行くのはダメ!」と先生に怒られたことがあります。懐かしさのあまり、思わず書き込んでしまいました。特定の世代にとってはかなり強力なネタになると思います。嗚呼!与那原テック。

  17. HB_kouta より:

    80年生まれの与那原ンチュです。
    まさに永久保存版の記事だと思います!
    ぼくも小さい頃ゴーカートに乗った記憶がありましたが、間違いではなかったようです。
    ウチの会社にも与那原テックへ行った事のあるおじさまがいましたよ〜w
    我が社ではだいぶ前から話題に上がっていて、今度取材でもと話していたところで
    この記事!みんな喜んでいました!
    今度おじさまから詳しくその当時の話を聞き出しますね。

  18. JUN より:

    与那原テックなつかしい~!!お化け屋敷でバイトした思い出があります。たくさんの人が「怖かった~」「おもしろかった~」と言ってくれて半分遊びながら楽しくバイトができたので、よく覚えています。(たしかバイト料は日払いだったような・・・)でも、切ない思い出も・・・あこがれの先輩が彼女らしき人と入り、その後出口から出てきた二人は入る時よりも距離が近くその後ろ姿を切ない思いで見送った思い出も・・・忘れかけていた感情がよみがえる~

  19. 与那原通 より:

    元・よなばるんちゅさん、与那原で育ったんですね〜。今は県外とのことですが、また遊びに来てくださいね。
    与那原テック、全盛期に遊びに行った話が多いですが、半分閉鎖状態の時に行かれたんですね。その時期の話も聞きたいです!^^

     

    HB_koutaさん、その後、「与那原テックへ行った事のあるおじさま」から話は聞けましたか?何か面白い話があったら、またぜひコメントください。^^

     

    JUNさん、お化け屋敷でのバイトとは面白そうですね〜。わたしも経験してみたかった〜。でも、彼女と一緒のあこがれの先輩の姿は見たくない。できることなら…。^^;

  20. takun より:

    いやぁ~懐かしいですね!
    わたしは、普天間に住んでますが小学校の頃家族で行きました。
    ジェットコースターはコースを10秒内で終わっちゃうすごく時間の短かったような記憶があります。
    空気砲やゴーカートの画像も見てみたいですね。与那原テックは以前から興味があり、
    上空からの与那原テックの画像(航空写真画像情報所在検索・案内システム)を
    見ながら一人昔を懐かしんだりした事もありました。
    これからも、どんどん写真が増えることを期待しつつ子供時代にワープさせて頂き
    久々に気持ちときめいています。
    どうもありがとうございました。

  21. u-taka より:

    二日酔いの父を泣き倒して連れて行ってもらったな~
    なつかしい~

    1970生まれの私にとって、ディズニーランド以上の存在

    入口で10連続のチケットを買ってもらって、入場した

    山頂にお化け屋敷があったね~、バズーカも覚えています。

    ひや~懐かしい~

  22. ちゃっこーのどぅし より:

    はじめまして。ナチュールの美奈子さんの同級生です。
    小学6年まで与那原テックのすぐ近くに住んでました。
    たしか観覧車50円くらいで乗れたと思います。
    池にもアメンボいましたが、プールにもいたような(^^)
    リフト乗って山に登るとお化け屋敷だったような・・・。
    コースターにも乗ってたのしかったですね。

  23. kumagoro- より:

    1971年生まれの テックのすぐ近くに住んでいます。
    当時、ゴレンジャーショウを見に行きました!
    ハイジもいたのを覚えています。
    プールでカエルとその卵と共に泳ぎ
    深いプールでおぼれた楽しい思い出があります。
    ウォータースライダーを滑れたら
    子どもながらに一人前でした。
    今では家が立ち並ぶ坂道も
    当時は何もない山道で怖くて
    一人では上がれなかった覚えがあります。
    子ども時代の楽しい遊び場でした。
    まだまだ、書ききれない沢山の思い出がありますよ!

  24. スピーカー より:

    与那原テックとても、懐かしいです。
    小学校の頃、叔母に連れられ兄弟で遊びに行きました。
    与那原テック入り口まで大分歩いて、やっと着いたという記憶があります。
    リフトに乗りお化け屋敷の中、弟・妹は怖がり泣きべそで、入り口から中へ入ろうと
    しなかったような気がします。
    帰りに与那原そばが美味しかった。
    懐かしい情報をありがとうございます。

  25. ダイキ より:

    沖縄市出身のものです。
    与那原テック 懐かしいですね!
    リフトを上がりきった所にあるお化け屋敷、
    壁に書かれたペンキの文字が不気味だった記憶が今
    黄泉がえりました。
    あと幼稚園の遠足で、みんな一人でリフトに乗ってたのに
    私だけお袋の膝の上でチョット恥ずかしかったです。

  26. ひで より:

    なつかしいですねぇ。実家が与那原なんで小学校の頃は毎日ってほどプールに通い詰め。バズーカもやったし、列車みたいなの?にも乗りました。鉄骨の橋みたいなのを渡るんですが、これが恐怖で(笑  リフト屋上のお化け屋敷も懐かしいですね。 そーいえば誰も知らないんですけど、与那原テック1年無料パスが発行されてたの知ってる人いますか? 年間料1500円(だったはず)で1年間それぞれのアトラクション1回だけは乗れます、みたいなの。
    案外知らない人が多いんだよなあ〜。

  27. 知高34期 より:

    はっきりとした年は忘れましたが、たしか復帰前与那原テックにジェットコースターを乗りに行ったら、デビュー前の南沙織(シンシア)さんを見かけました。多分地元のテレビ番組(オキコワンワンチャンネル?)の放送だったような記憶が。
    私より年上ですがとても可愛かったです。

  28. 知念高校31期 より:

     懐かしいですね。
    小学校低学年の頃、家族と…親父とかな。
    ゴーカートに乗ってわくわくしたのを憶えてます。
    ジェットコースターは脱線の恐怖感?が
    実際に事故があったと記憶してます。
    軟式ボールの大砲みたいのは、学校帰り(知高)に
    たまに行った記憶が。(モナリ座も行ったな)(∩_∩;)

  29. ハイビスカス より:

    懐かしいね〜
    73年生まれで79年まで与那原に住んでいました。
    自分もプールでカエルの卵浮いてるの見たし、ゴレンジャーショーとか観覧車下のおばけ屋敷も覚えてます、本物が出る噂もありましたね。
    観覧車のある山から僕たちの暮らす知念高校前の県営団地を見下ろしたり(実家には確か写真もあるはず)、楽しい思いでばかりです。
    テック入口の左の方に食堂かレストランの様なのがあって、すぐ側に10円くらいで乗れる仮面ライダーV3の遊具があったの誰か覚えてませんか?
    懐かしい情報ありがとうです、僕には与那原自体が懐かしいです。
    モナリ座でジャッキーの『酔券』やアニメ『地球へ』も見たし、マルエー横のビッグモンや当時のあの時代あの場所にダンキンドーナツ(超最先端!!)があったり、プラモ屋も多く、カージョッップのポケバイの展示で夢中になったり等…与那原の思い出は尽きません。又、のぞきに来ますね。

  30. 与那原通 より:

    皆さんの「与那原テック」の思い出、つきないですね〜。
    読んでいるとこちらもなんだか(勝手に?)懐かしい気がしてきます。^^
    リフト以外にプールも結構思い出に挙げる方多いようですね。
    あと、1年無料パスというのは初耳。気になります〜。

  31. megane42 より:

    汽車は弁慶号と名前が書いていました。
    リフトの終点はお化け屋敷でした。

  32. giko より:

    うわぁあ懐かしいです
    ここのゴーカートが良くスピードが出て
    コースもアップダウンコースと平地のコースがありましたよね♪
    因みに従兄弟が働いてましたよ

  33. 宮城康弘 より:

    懐かしい!、テック開所の頃テレビ中継しました、坂が急峻で当時の重いイメージオルシコンカメラをセットするのに苦労したことが思い出されます。永山モータースの永山盛幸さんは佐敷小学校の同級生かも?。

  34. 安藤 より:

    本当、懐かしいです。
    入り口横にあった友愛幼稚園に通ってました。
    当時は学校の遠足やらでバスが何台も止まってて
    にぎやかな頃だったのかな。 

  35. ああちゃん より:

    懐かしい!!1972年生まれです。思い出したしそうで思い出せない…もっと写真があったらもっと何かを思い出せそう…
    私は南風原町民でしたが、与那原テックに着くまでにえらい時間がかかったような記憶があります、子供だったからかなあ。
    入口から乗り物に乗るまでにかなり歩いて、ぬかるみで靴がぐじゃぐじゃになったことを覚えています。で、いろいろ乗ったんだろうけど、乗り物系はリフトの恐怖しか覚えていません。
    記憶は曖昧だけど、楽しかったことははっきり覚えている。
    お母さん、ありがとう。
    ワニ公園とか佐敷マリーナとかこどもの国とかエキスポランドとかいろいろあったけど、与那原テック行くよー!て言われたら一番ときめいたなあ

    当時の写真集出したら絶対買う。

  36. ハイビスカス より:

    観覧車の山に上がる時はリフトに乗って帰りは側にある坂道を下った様な記憶がおります、その坂道はまだあると思います。

  37. おれんじま^-^まれーど より:

    なつかしい~与那原テック!!
    家族で行きましたよ。
    私が乗ったのは、ゴーカート・リフト・観覧車・ジェットコースター
    などが記憶に残っています。
    特にジェットコースターは、怖かったあ~というのも、速さと高さにビビってではありません。
    ジェットコースターが通るレールが、ギシギシとなったり、
    サビた箇所があったりしてたから、カーブを回るときには、
    まさかこのままレールを突っ切っていったりしないよな~ってホントにドキドキしてました。
    多分記憶の中では、ジェットコースターに乗ったのは、後にも先にもその一回だけだったんじゃないかと・・・。閉店直前だったのかな?

    バズーカも弟が好きで、野球少年の兄と一緒に何度かやってましたよ・・・それでね、
    もっともっとやりたい!!ってぐずり始めた弟。
    帰ろうとしないで座り込んじゃった。
    (車にも乗ろうとしないから怒った父はわざと車を走らせて
    弟を置き去りにするようなふりをした・・・そしたら、さっきまでぐずっていた弟は
    急に心細くなったようで、(まさかここに置き去りしていかないだろうでもな~)と、
    思いつつ焦り始めて走って車を追いかけてきた・・・「ごめんなさい」って父に謝って車に乗せてもらい一件落着したというエピソードも私の中では、与那原テックの思い出の一つですよ~。

    また~観覧車は最初は物珍しさで嬉しかったけどどんどん上昇するたびにビビって足元がガタガタしてました。観覧車の頂上から見下ろすと干潮だったようで想像していたきれいな青い海は見られませんでした。

    ps:2月後半のFM沖縄さんの番組(fine)ファインでは、一週間を通して
    懐かしいものシリーズをやっていて、リスナーさんからのお便りの中で
    与那原テックの話題たくさん出てましたよ。嬉しくなりました。^0^。

    また遊びに来ます。あ~なつかしかった~。おっとこんな時間~お休みなさい。

  38. タケ より:

    1960年代生まれの与那原んチュです。テックでは高校生の頃バイトしてました。
    プールはアメンボどころか、カエルの卵も平気であるにもかかわらずお客さんが泳いでいるのが思い出します(笑)プールといえば、プールの滑り台が良かったなぁ。。。
    ジェットコースターの操作も高校生(ボク)、観覧車も知り合いが乗ればわざと一番上の時に止めて面白がるような・・・。今思えば考えられない当時のテックでした。

    エピソード(隠れ話)
    その① ゴーカート紛失事件
    数日後、与那原の海岸沿いの道で発見される。盗んだ人はきっとテックから公道を走った後ガソリン切れで棄てたのだろう・・・と当時の与那原署は処理。

    その②
    オバケ屋敷には、浮浪者(?)が住んでいました。バイトの時には気の良い浮浪者だったのでよく、弁当を持っていって喜んでくれたいました。知らないのはお客さんと経営者だけ・・・本当にオバケが出るウワサって噂を同級生から聞かされた時、オジサン元気かな?って想っていたのはボクだけ????

    その③ 
    リフトの下に不発弾が平気で転がっていた(驚)

    今なら考えられないことだらけのテックでしたね。

    当時の与那原。。。。思い出すと懐かしいなあ。
    マルエー、モナリ座(エロ映画多かった)、ビクモン、ダンキンドーナツ、桑江商店、エビス通り、ぶんしゅう堂、オリオン通り(今でも残ってる唯一の与那原イメージ)、港区の一銭マチヤ、島袋商店(制服)・・・etc.

    当時の与那原を語る会とかあると楽しいだろうね!

    ちなみに、1963年~1967年くらいの与那原中出身の方メール下さいね!
    ある企画を計画中。。。 

  39. タケさん、与那原テックでバイトされてたんですか?
    (バイト経験者からのコメントは初めてのような?)

    それにしても、隠れ話にはびっくり。
    ゴーカートが盗まれたとか。オバケ屋敷には、浮浪者(?)が住んでいたとか。
    スゴすぎ…。

    ある企画というのも気になります。^^

  40. るるん より:

    小学校低学年の頃、私もプールでカエルの卵と一緒に泳いでいました(笑)
    落ちそうなジェットコースターが違う意味で怖かった!(^^;

    猿が逃げたり、不発弾が爆発して山火事になった記憶がありますが、記憶違いですかねぇ?

  41. 不発弾が爆発?
    山火事?
    また新たな情報ですね。気になる〜。

  42. 坂田の金太郎 より:

    こんにちは
    1973年生まれの西原っ子です。
    先日、家の古いビデオテープをデータ化していたら
    与那原テックの映像が出てきて大興奮!
    (※看板が写ってないのと、見比べる映像が探せなかったので多分です)
    唯一、恐怖で覚えている「お化け屋敷」の登場がなかったのが残念ですが
    「アベックカー」など手書きの案内板がノスタルジックで、
    自分の幼き姿も含め、とても楽しめました。
    他にも、映像が見たくなり探していたら、このサイトに着きました。
    よければ動画提供しますヨ

  43. 坂田の金太郎さん、コメントありがとうございます!
    スタッフ一同、坂田の金太郎さんのビデオ情報に「おぉ〜!」と色めき立ちました(笑)。
    ただ、記事担当スタッフによれば、戦後、中城城跡にあった遊園地が与那原テックと間違われていることもあるので、その辺を確認しないととのこと。
    与那原テック第2弾の記事は考えているので、そのうち声をかけさせていただくかもしれせん。よろしくお願いします。

    ちなみに、ビデオはVHSですかね〜?

  44. アーミー より:

    与那原テック!
    夏休み仲良し4人組でプールに行ったよぉ
    懐かしい!
    とっても長い坂が暑かった
    リフトは恐かったよ

  45. ハナ より:

    1976年生まれの那覇んちゅです。
    母の実家がテックの側にあって、よく行ってました。
    しかも祖母のお墓も与那原テックの敷地内にあり、よくウートートーしに行きました。
    (現在お墓は中部へお引っ越し。最近です…)
    私がよく乗ったのは入り口付近?にあった、
    円形状のプールのなかにボートがあり、それが一斉にぐるぐると回りだすやつです。
    何度も何度も乗って、親に「いい加減にしなさい」と怒られました。
    母に与那原テックの話、聞いてみます!

  46. 坂田の金太郎さんより、Youtubeにアップして頂いた与那原テック動画をリンクしました!
    実際に行ったことのないスタッフばかりですので、カラーの動画にただただ感動。
    坂田の金太郎さん、ありがとうございました!

     

    >アーミーさん
    与那原テックは山の中腹にあったので、やっぱり、長い坂だったんですね!!
    夏とか暑そう~!!
    リフトも、みなさんが恐い、恐い、と言ってたのが、動画見て納得しましたっ。

     

    >ハナさん
    お墓が与那原テックの敷地内にあったんですか!!!
    なんちゅうか、沖縄らしいというか、でもご先祖さまもにぎやかで楽しかったかもしれません。

    円形状のプールの中にボート、また新しい乗り物の情報が!
    ぜひお母さまにも聞いてみて、他に情報あればコメントして下さい。
    与那原テックって、家族の中でも楽しい思い出がつまった場所なんでしょうね。

  47. マタギキ タルー より:

    「そんな家庭用、子供のビデオ・誰が観るか?、退屈するだけだ…」
    倅が投稿すると聞いて、たかを括っていた私も400余の閲覧者がでたと
    聞いて驚いています。
     VHSのビデオ撮影機が発売されて、月賦で購入しました。
    カメラとビデオ機器が、二つに分かれて線で繋がっていて結構な重量でした。
    私も子供の頃に、伯父さんに連れて行った思い出がある“与那原テック”です。
                      枝川謙悟の父こと・マタギキ タルー

  48. マタギキ タルー より:

    叔父に連れられて、従弟と一緒に行った与那原テックは、ヤンバルから来た
    子供心には夢のような《華やかな世界》でした。家族連れで、…子供だけで… 遊具がいっぱいありました。家庭を持って子供たちと一緒に与那原テックに行って視たら《華やかな世界》は何時の間にか無くなっていました、VHSの撮影機で撮りましたが、人々の数は、昔の3分の1程度、遊具の数は半分程になっていました。“寄る年波には勝てず”の感がありました。

  49. 枝川謙悟のお父様こと・マタギキ タルー様

    動画、ほんとうにありがとうございました。
    今、閲覧数も600を超えていますね。
    小さい頃、与那原に住んでいた友人は3回は見た!って言ってましたから、懐かしい人はほんとに懐かしんで見てると思います。

    VHSで撮影した頃は、遊具は半分だったんですか。
    華やかな世界の動画も見たかったけど、このカラー動画だけでも十分、与那原テックの雰囲気が分かりました。
    今も昔も「撮影者の父ちゃん」があまり写ってないのが残念ですけど。。。(^^)

  50. MORI より:

    いや~懐かしすぎる!すぐ近くの団地に住んでました。しかも、動画にチラッと団地映ってるし~!うちも与那原テック入口から入って左側にお墓があって毎年シーミー行きましたよ。帰りにテックで遊んだことも思い出しました。坂田の金太郎さん、貴重な映像ありがとうございました~。

  51. 1973亜知利団地 より:

    こんばんは、何回もエラーが出てコメント出来ません(泣)

    1973生まれ元亜知利団地住民も物です! モリ君からの紹介でこのページにたどり着く事が出来ました! 与那原テックのユーチューブを拝見したのですが、もぉ懐かしく懐かしく動画にくぎ付けになっちゃいました、あの頃に戻りたいな~素直な気持ちです。

    テックは近所だったので庭感覚で遊んでましたね、モリ君との思い出も沢山ありますよ、閉鎖後も悪さ?をやりました(笑)取りあえずこれが投稿出来たら、また後日投稿したいと思います。では

  52. ピンバック: アズベリパークでのjunaio歴史ツアー | 驚きをカタチに 「LEXUES AR」

  53. せいこ より:

    スイミング教室に通ってました!
    ジェットコースターに乗って大泣きしたね覚えてる!

  54. 宜野湾のおかぁ より:

    与那原テック、懐かしいですね^^
    当時中学1年生で友達数人と行ったですが、
    怖いリフトに乗って頂上にあるお化け屋敷に行ったのを覚えています。
    お化け屋敷は、トロッコのような乗り物に乗って、4人乗りだったか?
    その乗り物は、ゆっくり動くので、恐怖で叫びながら真っ暗なお化け屋敷の出口が見えた時はホットしたのを覚えています。楽しかったですよ。

  55. タケちゃん より:

    こんなサイトがあったとは!
    与那原テック懐かしいです。(^ω^)

    山の上にあるお化け屋敷があるところまではロープウェイで行きますが、高さが低くて、やんちゃな私は飛び降りて歩いて登った事があります。(笑)
    ジェットコースターと観覧車には何度乗ったことか…。
    他の写真や映像も集めて、アーカイブとして残していって下さい。

  56. 永山の孫 より:

    懐かしい映像ですねぇ~(^◇^)
    謙悟は幼馴染なんで、懐かしい映像見れました(笑)

    うちのオジーから、小っちゃい頃は与那原テックの話は良く聞かされてました。
    アメリカから遊具を輸入していたとか・・・、たしか!

    あと、復帰っ子(1972年)の私が中学一年の頃(1985年)に行った時に、まだ営業してましたね。
    流石にジェットコースター等は錆びれて動いてなかったですが、ゴーカートを良く乗りに行ってたのを覚えてます。(31年前)

  57. toshiちゃん より:

    与那原テックのお化け屋敷の話。
    小学生の頃、暗~い中を歩いていくと生暖かい風が頬を撫で
    “嫌だなぁ~”
    途端に足元がガクッと揺れ
    “吊り橋?”
    と思った矢先に足先は死体を踏むような感覚
    “うわっ!”
    驚き後ずさりしたら頬にベチャと冷たく柔らかい感触
    (たぶん糸で吊るされたこんにゃく)
    “ひぇぇぇぇ~~~~っっっ!!!!”
    走って吊り橋を渡り壁らしきところで後ろ手に立ったところ
    (鉄格子だったらしく) 
    後ろから私の頬の両側に手が現れ、
    肩をどんっと鷲掴みされ(心臓が口から出る!!)
    おもわず腰が抜けたようにしゃがみこんだ
    “☆×△□△×☆~~~~~っっっ”(声にならない声を発し)
    右側に井戸とかお岩さんとか、
    左側に板の上に並んだ首とか見えた気がするが、
    そのまま走って逃げて表に出た。
    お化け屋敷の後半は記憶にないが鮮明に残っている。
    これほど怖い思いをさせられたお化け屋敷は後にも先にもない。
    懐かしい思い出だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*